ソウルメイト

どこか懐かしくとても愛しい

見つめ合った時に優しくなれた

僕等は互いを鏡のように

映し出すだけの道具だったけど

同じ世界で呼吸が出来たら

叶わぬ想いを抱き締めながら

それでも鏡を磨いてきたんだ

君の歩むべき道に花を植え

僕の幸せに変わるのなら良い

心が汚れる前に会いたい

寂しいなんて笑って言いたい

魂の中で君を感じる

この肉体は死ぬまでひとつだ

広告を非表示にする