怪談日記(7/15)

溶解である。

沈んで横たわる。

分解されてやがては塵に。

【あめのひ】

O君の話。

学生時代のこと。

とても雨の強い日であったと言う。

傘をさして歩いていただけなのだが、突然眠くなり、気がつくとある家の間車庫の隅に腰掛けて眠りこけていた。

そんなことが2回ほどあった。

それで雨の日には自然と道を変えるようになったという。

以上、本日の怪談でした。

うーむ。

広告を非表示にする