スペインの郵便事情が分かる話

お弁当

こんにちは、熊五郎です。大人になって昼食は弁当屋で購入したり食べに行ったりすることが殆どになりました。中学の頃は毎日母親がお弁当を作ってくれていたのをふと思い返します。

毎日朝早くから起きてお弁当を作ってくれていた当時はその大変さを感じる事も出来ずに、今思い返してみれば、あぁ大変だったんだろうなぁと感謝の念が付きません。

何故なら自分も大学の貧乏学生時代は一時期お弁当を作っていたのですが、これがもう面倒でおにぎりを丸めたり、昨日の残り物だけを適当に詰めたりして凌いでいたりしました。

日本料理屋でアルバイトをするようになってからは大分ましになりましたが、それでも毎日作るのは大変という事を身をもって知りました。それも相手の為に一人分のお弁当を作る母親を思い出し。もっと親孝行しないとなぁと思う熊五郎でした。もちろん思うだけでは駄目ですよね汗

スペインの郵便事情

スペインへの荷物が送れることは割と有名です。熊五郎もはじめた当初は何度となく遅延を経験しました。今ではスペインにはEMSで送るようにしています。一体どれ位届かないのか。面白い?話をフォーラムで見つけたので紹介します。

なんでもこのセラーの方。スペインでAmazoアカウントを持って販売しており、サスペンドになったそうです。その原因が商品が届かない、または遅れて届いた事によるアカウントヘルスの悪化です。

スペインで販売しているセラーからしてサスペンドが発生しているのですから、国外ならなおさらでしょう。もちろんAmazonのFBAを使用すれば解決はする問題です。カナダも同様に届きにくい状況の国ではありますから、そういった国ではFBAの納品を活発に行った方が良いかもしれませんね。

もちろんキャッシュフローを考えて、売れる商品を選ぶことが第一条件ですね。